2011年04月02日

姉からの手紙


親戚が津波被害に遭った地域から車で約一時間ほどの距離に暮らす姉

そんな姉からのメッセージ

「未曾有の大震災から3週間が過ぎ、我が家ではガスの復旧を待つばかりですが、被害の大きさは、日を追うごとに明らかになって、あの被災者が自分だったかもしれないと思うと、こんな風に、震災前に近い生活を送っていていいのか、と考えてしまいます。

今朝、我が家の“梅”が満開になりました。あんなことがあっても、季節は確実に進んでいて、草花は、いつもと変わらずそこにあって、ちゃんと花を咲かせる…。そんな当たり前のことが、今年はことさらうれしく感じられます。」


さすが…国語百点だった姉のそつがない文章

小学生のとき、宿題の感想文を代わりに書いてもらったことを思い出します(^^ゞ


自然がもたらしてくれるものって何なのか…


そんな答えも見つからないまま、季節は確実に、歴史を刻んでゆくのでしょう。




同じカテゴリー(ローカルニュース)の記事画像
本日開店!
閉店。
御神火 2013
オクトーバーフェスト in  旧ヨドバシカメラ
菜の花が見頃!
桜だより
同じカテゴリー(ローカルニュース)の記事
 本日開店! (2013-03-15 23:59)
 閉店。 (2013-02-25 23:59)
 御神火 2013 (2013-01-14 23:59)
 オクトーバーフェスト in 旧ヨドバシカメラ (2012-06-10 12:40)
 菜の花が見頃! (2012-05-11 21:40)
 桜だより (2012-04-27 16:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
姉からの手紙
    コメント(0)